1. トップ
  2. > お手入れ

お手入れ

5分でできる簡単メンテナンス

ビジネス・ブリーフケースのお手入れ

お手入れイメージ

毎日使うビジネスババッグの長持ちの秘訣公開します!簡単に出来るので、
是非お試しください。

様々なサイトで数多くのメンテナンス方法が紹介されていますが、これらの簡単な
メンテナンスをするだけでも全然変わります。
 

チェックポイント

チェックポイントイメージ

①本体生地

【革以外の素材】
ホコリや全体的な薄汚れであれば、湿らせて固くしぼったきれいな布で全体を均一に拭いてください。
それでも取れない汚れは、中性洗剤を薄めた水またはぬるま湯にタオルなどの柔らかい布を入れて絞り、外側と内側の汚れを叩くようにして取ります。
【革素材】
こまめに柔らかい布で乾拭きし、ブラッシングで汚れを取り除き、月に1度は乾燥した革にクリームで栄養補給をしましょう。
革鞄はとても湿気に弱いので、防水スプレーのご使用をおすすめします。

②ハンドル

革素材が使われている事が多い部分です。
毎日使用していると乾燥していきひび割れ等を起こします。
定期的に保湿の専用クリームで栄養補給をすると長持ち致します。

③ファスナー

ファスナーは一番壊れやすいパーツになります。無理に引っ張ったりしないようご注意ください。
うっかり書類が噛んだりした場合にファスナーの目(噛合わせ部の金具)が小さいと、目が飛んで故障の原因になることも。大きめの目のタイプがオススメです。
経年変化でファスナーの動きが引っかかり等が出てきた場合は潤滑油や専用のペンタイプもありますので、ご使用頂くと改善されます。

④ハンドル取り付け金具・ショルダー取り付け金具

経年変化や突発的な加重が掛かりやすい箇所になります。
それぞれ通常の縫製の他にバタック(補強の為の縫製)を入れており、対策を行っておりますが、ショルダー・ハンドルで持ち運ぶときに1カ所に加重が掛かるため特に重い荷物を入れているとき等はご注意ください。

鞄の四隅

地面や床に置くときに擦れたりして傷がつきやすい部分になります。
底鋲がついている場合もありますが、地面や床に置くときはご注意ください。

保管時のご注意

ポケットの中に荷物を入れたままの状態で保管すると型崩れの原因になりますので、使用後はポケットの中の荷物等を外に出して保管をおすすめ致します。
又、長期保存の場合、日焼けや色移行する場合がありますので、風通しのよい場所等に保管しご注意お願いします。

メンテナンス用品とメンテナンスポイント

ファスナー潤滑用シリコンペン

ファスナー潤滑用シリコンペン

固くて開閉しづらいファスナーの滑りをスムーズにしてくれます。
ペンタイプなので、塗りたい所にピンポイントに塗れます!

ミンクオイル

ミンクオイル

ミンクオイルは動物性で、ヌメ革との相性が良いといわれています。
実際、ヌメ革に限らず革の色を深める上で最も早く効果が得られ、 革を柔らかくする効果もあります。

ページトップに戻る

ページトップに戻る

  • バッグで御社の業績を上げるなら、バッグ仕入れ市場!
  • バッグの事なら何でもどうぞ!電話番号:06-4303-6088
    • 簡単ログイン
    • ご利用ガイド