1. トップ
  2. > 工房紹介

工房紹介

工房紹介

バッグ仕入れ市場の物作り

商品が出来るまでの流れを大公開します!


国産商品の工房紹介は他のサイト等で紹介されたりしていますが、他のサイトやメーカーがオープンにしない
部分まで紹介、バッグが出来上がるまでの行程を実際の写真で紹介させて頂きます。
動画と合わせてみて頂ければより詳しくバッグ仕入れ市場の物作りがわかって頂けると思います!

普段、何気なく使っている「鞄」。
ですが、そこには、熟練した職人達の技やこだわりがあり、いくつもの行程を経て、初めて生み出されるのです。
それは日本製・海外製共に同じです。

商品が完成するまでの流れ

完成するまでの流れ

大きく分けて上記の行程で完成なのですが、日本同様、熟練の職人により商品を作りあげております。

型紙作成

型紙作成:イメージ

全ては、指示書や企画書から型紙を作成する所から始まります。
ゼロから商品を作りだすので、非常に重要な部分になります。
この作業に狂いが生じると、形がいびつになったり、イメージ通りの商品が生産できないので型紙作成やサンプル作成は工場内でも限られた人たちしか行えず熟練の職人のみ可能な作業になります。

裁断

裁断:イメージ

型紙から型を作成し、部位により機械で裁断出来る部分と職人の手作業で行わなければ出来ない部分がありそれぞれの裁断風景です。

縫製

縫製:イメージ

パーツ事に適したミシンによって作成し、1つの部品として作成していきます!
型紙作成同様、縫製にも経験を積んだ熟練した職人のみしかできない行程があります。
パイピングと呼ばれる縁部分の縫製はまさにその部分になります。
動画ページにも縫製風景がございますので、熟練職人の縫製を是非1度ご覧下さい。

検品・梱包

検品・梱包:イメージ

最終行程の検品作業は糸の処理から始まり、ミシンが外れていないか等、各ポケットの検品まで1本1本隅々まで行われます。
今回、ご紹介できたのは鞄が出来上がるまでのほんの一部ですが、いかがだったでしょうか?
鞄に限らず、物が完成するまでには何人もの人の手が、いくつものプロセスが重なり、やっと一つの物
が出来上がります。
そんな職人のこだわりや、手作業によるプロセスを感じながら鞄を使ってみると、今まで以上にいつもの鞄達に愛着が湧くかもしれません。
皆様のご不安に思われている点の解消に少しでもなればと思い作成させて頂きました。
国内生産商品と同様に海外生産商品も担当スタッフを配置し厳しく検品し商品作りを行っております。
国産商品の良さ・海外製品の良さそれぞれの特徴にあった商品作りを今後も進めていきます。

ページトップに戻る

  • バッグで御社の業績を上げるなら、バッグ仕入れ市場!
  • バッグの事なら何でもどうぞ!電話番号:06-4303-6088
    • 簡単ログイン
    • ご利用ガイド